体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策ワキガの基礎知識>子供のワキガ


子供のワキガ

ワキガ体質はいつごろから発現するものなのでしょうか?子供とワキガでは、ワキガ体質になる人は一体どのくらいの年齢からその症状が現れるのかを解説していきます。

 

ワキガ臭は何歳くらいから出る?

ワキガの原因となるアポクリン腺は実は赤ちゃんのころから存在しています。ですが、実際にそのアポクリン腺の数が増えたり、活発に活動を開始するのは思春期以後となります。
近年では、子供の早熟化が原因で小学生低学年などの子供においてもワキガ臭が出始める子もいます。

 

子供のワキガと親の対応

上述の通り、ワキガ体質は子供の段階から発達し始めます。近年のワキガ治療の現場においては親が子供のワキガ体質を心配して病院に連れてくることが多いようです。
ただし、実際に手術を行うのは身体の成長が止まった以上の年齢で行うのが好ましいとされています。理由は二つあります。
一つ目は、成長期で手術を行いアポクリン腺を除去しても成長に伴い再生されることガあること。
二つ目は、成長期段階で手術を行うと手術の種類によっては後遺症などを残すリスクが高まることが挙げられます。

 

子供がワキガとわかった時どう対処するか?

自分の子供がワキガ体質であるとわかった時、親はどのような対応、対処をするのがベストなのでしょうか?

一般的に子供がワキガで一番困るのが学校などでの子供同士の対応です。必要以上に悩み、対人恐怖症となる子もいるようです。まずは、親から心配することではないという家族ぐるみでのケアが重要になるでしょう。また、お風呂でワキをしっかりと洗うように指導することにより随分と症状は軽くなるものです。
まずは、親としてしっかりとした対応を心がけましょう。