体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策ワキガの基礎知識ワキガの自己診断>肌着にシミが付く


肌着にシミが付く

一般に通常の汗は成分の99%が水分でできていますので、汗が洋服などに付着しても通常変色はしません。ですが、ワキガの原因となるアポクリン腺から分泌される汗には様々な物質が入っていますので、これが肌着に付くことにより黄色いシミが肌着に付くことがあります。

 

アポクリン腺分泌液と肌着のシミ

通常のエクリン腺から分泌される汗はさらさらとしているのですが、ワキガの原因となるアポクリン腺からの汗は粘質性です。また、成分に皮脂を多く含んでいることから、アポクリン腺から出た汗が肌着などに付き、それが自然乾燥されると、黄色いシミを作り出すことがわかっています。

白いシャツなどに汗染みができやすい人はアポクリン腺の数や汗の分泌量が多いと推測できますので、わきが体質である可能性が高いといえます。