体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策ワキガの基礎知識>ワキガの自己診断


ワキガの自己診断

ワキガの自己診断では、ワキガ体質の人に多い特徴を複数の観点から解説していきます。以下で紹介する自己診断に当てはまったらワキガということではなく、あくまでもワキガ体質の人にはそのような傾向があるというように捉えてください。

 

両親のワキガ体質の人がいる

ワキガ体質というものは遺伝性が強いと言われています。片親がワキガである場合はおよそ50%、両親がワキガ体質であるばあはおよそ80%の確率でその子供もワキガ体質となることがわかっています。

 

肌着に黄色いシミが付く

一般に通常の汗は成分の99%が水分でできていますので、汗が洋服などに付着しても通常変色はしません。ですが、ワキガの原因となるアポクリン腺から分泌される汗には様々な物質が入っていますので、これが肌着に付くことにより黄色いシミが肌着に付くことがあります。

 

耳垢が湿っている

多くの人では、アポクリン腺は脇に集中して分布していますが、脇にアポクリン腺が多い人は通常耳にもアポクリン腺があります。そのため、耳垢が湿っている人は脇にもアポクリン腺がある=ワキガ体質の可能性があります。