体臭対策.com(ホーム)ワキガ対策ワキガ治療法ワキガ治療の手法>剪除法


剪除法

剪除法(せんじょほう)とは、ワキガ治療における手術療法の一種です。ワキガの原因となるアポクリン腺を取り除くための外科治療で、皮膚の一部に切り込みを入れて皮膚を裏返し、アポクリン腺を一つずつ取り除くという治療法です。

 

剪除法とワキガ

剪除法では、わきが手術において脇の下に切り込みを入れて皮膚を裏返しにして、アポクリン腺を一本ずつ取り除いていくという手法です。皮膚に切り込みを入れるだけで実際に皮膚を切り取るわけではありませんので、患者に対する負担が比較して少なめです。

剪除法におけるワキガ手術は皮膚を切り取ってしまうわけではありませんが、切り込みを入れることになりますので、手術跡は残ります。また、手術後一定期間は縫合した皮膚がくっつくまで一定の時間が必要となります。(通常入院することはありません)