体臭対策.com(ホーム)口臭に関係する主な病気>歯周炎


歯肉炎

歯周炎は一般的に「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも呼ばれているものです。歯が浮いたように感じ、物がかみにくくなります。
>>歯肉炎とは(病気診断サイト)

 

歯周炎の主な症状

・歯が浮いたように感じ、物が噛みにくくなる。

・炎症が起きると、かみ合わせただけで痛みを伴うようになり、歯肉に膿瘍ができると痛みは増して、腫れや出血がみられる。

・膿がたまるため、口臭が強くなる。

 

歯周炎の治療法

軽度のものの場合、歯間ブラシなどを使用して歯垢を除去したり、専用ブラシで歯肉をマッサージすることで進行を防ぐことができます。
症状が進行している場合には、歯肉を切開して歯垢が石灰化した歯石をかき出したり、歯周ポケットを閉じる手術が行われることがあります。
歯がぐらついている場合には、その他のぐらついていない歯と金属線やレジンなどで連結して固定する方法もとられます。

手術後はプラークコントロールを継続すること、定期的に歯科でクリーニングを受けることなどが必要となります。

 

 症状から診断する場合はコチラ