体臭対策.com(ホーム)口臭に関係する主な病気>歯肉炎


歯肉炎

歯肉炎とは、歯肉が赤く腫れ上がるものです。歯を磨いたり、かたいものをかじったりしたときに出血しますが、痛みはほとんど伴いません。
>>歯肉炎とは(病気診断サイト)

 

歯肉炎の主な症状

・歯肉が赤く腫れあがり、歯を磨いたり、硬いものをかじったりした時に出血する。

・急性壊死潰瘍性歯肉炎の場合は歯肉がただれ、触ると強い痛みと出血を伴って、口臭も強くなる。

 

歯肉炎の治療法

治療は歯垢、歯石の除去が主体となって行われます。
対症療法として抗生剤、抗菌剤の局所投与、全身投与、消毒薬によるうがいなどが行われる場合もあります。

歯肉炎は、歯肉にプラーク(歯垢)が付着して炎症を起こしている状態で、放置すると歯周炎(歯槽膿漏(しそうのうろう))に進行します。
歯周炎を防ぐためにも、プラークコントロールを習慣付ける必要があります。

 

 症状から診断する場合はコチラ