体臭対策.com(ホーム)口臭対策口臭の対処法>臭い防止には緑茶?梅干?


臭い防止には緑茶?梅干?

お茶には緑茶、ウーロン茶、紅茶など様々な種類がありますが、これらの原料は全て同じで、実は加工法が異なるだけの違いなのです。そのため、口臭予防の効果にもそれぞれのお茶で違いがあります。

 

どのお茶が口臭予防効果が高いのか

緑茶、ウーロン茶、紅茶には、カテキン、カフェイン、各種アミノ酸が共通して含まれていますが、口臭や体臭を防ぐ効果があるのはカテキンやフラボノイドです。
この口臭予防効果が高い成分が多く含まれているのは、緑茶、ウーロン茶、紅茶の順に多く含まれているため、最も口臭予防効果が現れるのは「緑茶」といえます。

しかし、口臭の原因がむし歯や歯周病の場合は、むし歯や歯周病の菌を抑制する効果のあるウーロン茶がオススメです。

 

梅干は口臭予防効果がある?

梅干しの有機酸には、コレラ菌にも打ち勝つほどの強力な殺菌作用と、菌の増殖を持続的に抑制する作用があります。
そのため、食あたり、風邪、頭痛、肩こり、打撲などに効果があるとされています。

特に口臭予防にかけてその効果は顕著に現れます。
梅干しに含まれるクエン酸が口の中の雑菌の繁殖を抑制し、その酸味で唾液の分泌を促進するためです。

朝、時間がなくとも、緑茶と梅干しを口にすることで口臭予防効果が期待できます。
また、食欲のない夏場でも、梅干しを食べて唾液を分泌することで食欲増進のきっかけとなるため夏バテ防止にも繋がるでしょう。