体臭対策.com(ホーム)口臭対策口臭の基礎知識口臭の原因生理的口臭>食べ物による口臭


食べ物による口臭

食べ物の種類によっては口臭を引き出す原因となるものがあります。代表的なものとしてはニンニクや玉ねぎ、アルコールなどがあり、これらは体内に取り込まれた後、血流に入り込み口臭および体臭となります。

 

食べ物と口臭の関連性

皆さんもニンニクを食べた後の強い口臭などを感じた経験があるかと思います。
代表的なニンニクを例に考えてみましょう。ニンニクには「アリシン」という物質がにおいの原因となります。(食育.net:にんにく

このニンニクに含まれている「アリシン」はニンニクの有効成分の一つなのですが、これが体内に入ると「アリイン」という物質に変化します。このアリインは胃腸で吸収され、この吸収されたアリインは血液を介して肺に到達し、呼吸の息としてニオイ物質が放出されます。これがニンニクを食べた際の口臭が起こる原因です。
なお、アリインは血液を媒介して体中に運ばれますので例えば汗などにもこのアリインが含まれますので体臭も発生することになります。

アルコールの場合は、アセトアルデヒドという成分によりにんにくの場合と同様のプロセスで口臭が発生します。

 

食べ物による口臭を取り除くには

最終的な解決法は時間です。食べ物による口臭は一定の時間が経過することにより減退していきます。そのため、最長でも数日で食べ物による口臭は消えていきます。
こういったニオイは口の中が原因で発生するわけではありませんので、歯磨きやうがいなどにより解消することができません。

完全にニオイが消せるわけではありませんが、サプリメント系(口臭対策サプリメント)などを用いることにより口臭を抑えることはできます。