体臭対策.com(ホーム)口臭対策口臭の基礎知識口臭の原因生理的口臭>プラークによる口臭


プラークによる口臭

プラークとは歯垢のことを指します。プラークは主に食べかすなどを放置してしまうことにより口の中の雑菌がこれらを分解してできるもので、非常に強い臭いがあります。適切なブラッシングができていないとプラーク(歯垢)による強い口臭が生まれます。

 

プラーク・歯垢の発生プロセス

プラーク(歯垢)は口内にいる雑菌と食品の食べ残し(食べかす)が組み合わさることにより発生する残留物です。

通常私たちの口内には非常に多くの雑菌が繁殖しています。これらは口をつうじて入ってくる様々な外敵(ウイルスなど)をやっつける良い菌から虫歯を作り出す悪い菌まで様々な雑菌が生息しています。そして、これらの雑菌を実際に全て取り除くことは不可能です。
雑菌は口に取り込まれた食品の残りかす(食さといいます)を分解して自分の栄養としています。この分解の際に発生する残留物がプラーク(歯垢)です。さらに歯垢が長期間にわたってこびりついたものが歯石(しせき)となります。

この歯垢は雑菌の分解物で非常に強いニオイがあります。これがプラークが原因となる口臭の原因です。

 

プラーク・歯垢を取り除くには

プラークや歯垢を取り除く一番の方法は歯のブラッシングです。プラーク・歯垢は口内に残った食べかすが原因で発生しますので、しっかりとした歯磨きを行うことで、プラークの発生を抑えることができます。

ただし、虫歯や歯周病の人は歯磨きだけでプラークを完全に除去することができませんので、虫歯や歯周病の治療を行いましょう。