体臭対策.com(ホーム)口臭対策口臭の基礎知識口臭の原因>生理的口臭


生理的口臭

生理的口臭は、食べかすが歯に詰まっていたり歯磨きがしっかりとできなかったことから、食べ残しが歯垢(プラーク)となり、それが臭いを発してしまうことや、ニンニクやアルコール(お酒)を摂取したことによる臭いなどが生理的口臭の代表です。

 

生理的口臭の原因

生理的口臭の原因については、特定の疾患によるものではなく、日常生活における様々な原因において発生する口臭のことです。

生理的口臭の代表的存在は以下の通りです。

食べ物による口臭

食べ物の種類によっては口臭を引き出す原因となるものがあります。代表的なものとしてはニンニクや玉ねぎ、アルコールなどがあり、これらは体内に取り込まれた後、血流に入り込み口臭および体臭となります。

 

プラークによる口臭

プラークとは歯垢のことを指します。プラークは主に食べかすなどを放置してしまうことにより口の中の雑菌がこれらを分解してできるもので、非常に強い臭いがあります。適切なブラッシングができていないとプラーク(歯垢)による強い口臭が生まれます。

 

舌苔による口臭

舌苔とは「ぜっけい」と呼ばれるプラークの一種です。健康な人にも現れるもので、舌に雑菌や食べ物のカスなどが貯まることにより発生します。

 

唾液と口臭

唾液の分泌は口臭と強い関連性があります。唾液は口の中の環境を正常に整える作用があるガありますので、唾液の分泌量が減少することにより口臭が発生する原因となります。