体臭対策.com(ホーム)口臭に関係する主な病気>その他の病気


その他の病気

ここでは、内臓の病気が原因で生じる口臭をご紹介します。

 

その他の病気

ここでは、内臓の病気が原因で生じる口臭をご紹介します。
自分の口臭に違和感を感じた場合、下記のような病気が隠れていないかどうかを、念のために診断してみるようにしましょう。

 

胃腸病

胃腸病を発症すると、消化不良を引き起こしやすくなるため、食べたものが胃の中に停滞し、異常発酵します。
そこで発生した臭いの物質が腸管から吸収され、血流に乗って肺から排泄されます。
そのために卵が腐ったような臭いの口臭となって出てきます。

また、腸の動きが低下したり腸内に疾患がある場合、腸内の最近バランスが崩れて悪玉菌が増加し、臭いの物質を発生させます。
胃腸病としては下記のものが挙げられます。

 ・慢性胃炎
 ・胃潰瘍
 ・十二指腸潰瘍  など


肝機能

肝機能が低下すると、臭い物質が分解されずに、血流に乗って全身にめぐり口臭や体臭となって現れることがあります。
肝臓に異常がある場合の口臭は「ネズミ臭」と呼ばれ、口の中が苦く感じるという特徴があります。
さらに症状が悪化すると、「カビ」や「卵か腐った臭いとニンニクが混ざった」臭いがするとされています。
肝機能の低下によって生じる病気

 ・肝不全
 ・肝硬変  など


糖尿病

唾液には口の中を様々な菌から守る働きがあり、この唾液が不足すると歯周病の原因となる菌などが増殖して口臭が強くなります。
糖尿病の人は唾液が不足しやすいため、歯周病になりやすいとされています。

さらに糖尿病になるとインシュリンが不足して糖の分解が進まなくなるため、その代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。
その際ケトン体という強いニオイ物質が発生するため、甘酸っぱい口臭や体臭を生み出すものです。

 ・糖尿病

 

呼吸器系の病気

呼吸器系の病気や鼻やのどに病気を生じている場合も強い口臭を伴います。
これは、肺や気管支、鼻、のどなど、炎症を生じている部分の皮膚組織がただれたり、化膿を引き起こして菌が増殖するため、生臭いような、肉が腐ったような独特のニオイを放つためです。

 ・気管支炎
 ・肺炎
 ・蓄膿症  など


 症状から診断する場合はコチラ