体臭対策.com(ホーム)口臭に関係する主な病気>口腔乾燥症


口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)

口腔乾燥症は一般的に「ドライマウス」と呼ばれるもので、口内が乾燥し、ネバネバしているように感じるなどの症状が現れます。
>>口腔乾燥症とは(病気診断)

 

口腔乾燥症の主な症状

・口の中がネバネバしているように感じる。

・口臭が強くなる、舌の感触が鈍くなる、うまく話せなくなる、味覚障害、などの症状も現れる。

・症状が進行すると、口内の粘膜が傷つきやすくなるためピリピリするような痛みを伴う場合もある。

 

口腔乾燥症の治療法

口腔乾燥症は、加齢、唾液腺疾患、薬の副作用、口腔周囲への放射線治療、全身疾患、ストレス、緊張、就寝時に口を開ける習慣があるなどの様々な原因によって、口腔内の唾液分泌が減少して乾燥しやすくなるために引き起こされる病気です。

そのため、 全身疾患によって口腔乾燥症が発症している場合には、全身疾患の治療が優先されます。
また、人工唾液を使用したり、うがいをこまめに行うなどの対症療法も効果的とされています。

精神的なストレス等が原因で口腔乾燥症が発症している場合には、ストレスのある環境を改善することが重要です。

 

 症状から診断する場合はコチラ