体臭対策.com(ホーム)加齢臭対策加齢臭予防対策加齢臭を予防する7か条>タバコ(喫煙習慣)をやめる


タバコ(喫煙習慣)をやめる

加齢臭と喫煙の間には強い因果関係があります。加齢臭の原因の項目でも解説したとおり、加齢臭は「脂肪酸がコレステロール・中性脂肪などと結合して酸化」することにより発生します。この流れにおいて喫煙は体内の脂肪酸と中性脂肪などの結合・酸化を促進する「活性酸素」を多く生み出すことがわかっています。

 

喫煙と加齢臭の関係

タバコには、有害な「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」などが含まれており、特に一酸化炭素と加齢集との間には非常に密接なつながりがあります。

喫煙により中性脂肪などの酸化を促進し加齢臭の原因となるノネナールを生成することになります。禁煙を心がけることにより加齢臭だけでなく、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞などのリスクを減らすことにもつながります。

喫煙の被害と禁煙については、「禁煙.net」をご参照下さい。