体臭対策.com(ホーム)加齢臭対策加齢臭予防対策>加齢臭を予防する7か条


加齢臭を予防する7か条

加齢臭予防の7か条では、加齢臭を予防するための様々なポイントなどを解説していきます。

 

加齢臭を予防するための生活習慣

ここでは、加齢臭を予防・軽減するための様々な生活習慣上からの改善ポイントを解説していきます。

タバコ(喫煙習慣)をやめる

加齢臭と喫煙の間には強い因果関係があります。加齢臭の原因の項目でも解説したとおり、加齢臭は「脂肪酸がコレステロール・中性脂肪などと結合して酸化」することにより発生します。

 

ストレスを溜め込まない

ストレスを感じる状態は体内に活性酸素が発生します。これと同時に過酸化脂質も増加し加齢臭の原因となるノネナールが増加するという悪循環に陥ります。

 

適度な運動を心がける

適度な運動は体のストレス解消に役立ちます。ただし、過度の運動は体の活性酸素量を増加させる可能性がありますので、ウォーキングなどの有酸素運動の方が適切です。

 

和食を心がける

昔ながらの和食は動物性の脂肪が少ないことから加齢臭の予防に適した食事であると言われています。特に大豆製品には抗酸化作用のある物質が多く含まれていますので積極的に摂取しましょう。

 

抗酸化物質を摂取する

抗酸化物質は体内でのノネナールの生成を抑制する働きがあります。抗酸化物質を積極的に摂取しましょう。抗酸化物質としてはワインや紅茶、大豆などに多く含まれています。

 

皮脂の分泌を抑える

皮脂の分泌を抑えることにより加齢臭の原因物質の生成を抑えます。逆を言えば、皮脂の分泌を促進する動物性脂肪食品や香辛料などを過剰摂取してしまうと加齢臭を引き起こす可能性が高くなります。

 

体を清潔に保つ

体は清潔を保ちましょう。加齢臭のニオイは体全体から発せられますので、体表面の皮脂を取り除き体を清潔にしておくことで加齢臭の発生を抑制することができます