体臭対策.com(ホーム)加齢臭対策加齢臭の基礎知識加齢臭の原因>脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)


脂肪酸(9-ヘキサデセン酸)

9-ヘキサデセン酸は、加齢と共に増加する脂肪酸の一種です。多くのサイトでは、パルミトオレイン酸という表記がされていることもありますが、構造的には異なる物質です。加齢臭の原因物質「ノネナール」を発見した資生堂によると、9-ヘキサデセン酸が加齢臭の原因物質です。通常、この発生をとめることはできません。

 

9-ヘキサデセン酸と加齢臭の科学的解説

加齢臭の原因として特定された「9-ヘキサデセン酸」についてですが、この物質は若い人にはほとんど存在しない脂肪酸の一種であることがわかっています。

この9-ヘキサデセン酸が酸化したり、皮膚にいる常在菌(じょうざいきん)により分解されることにより加齢臭の臭い成分である「ノネナール」が生成されます。