体臭対策.com(ホーム)頭の臭い対策頭皮の病気>接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)


接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)

整髪料、化粧品、ヘアカラー、金属、植物などに触れたことによって皮膚が炎症を引き起こしたものです。

 

接触性皮膚炎の症状

・アレルギーの原因となる物質に触れた部分に、赤い湿疹(赤斑(こうはん))、盛り上がった湿疹(丘疹(きゅうしん))、水を持った湿疹(水泡(すいほう))、が生じる。また、これらは痒みを伴う。

・これらの湿疹等をかきむしることで、症状がさらに広がることが多い。

 

接触性皮膚炎の治療法

接触性皮膚炎の治療法には、「皮膚炎に対する治療」と、「アレルギーを引き起こしている原因に対する治療」の二つに分類されます。

まずは原因となる物質などを特定することが重要です。
その後、皮膚炎が現れている状態を乾燥面と湿潤面に分類し、その症状の現れ方に応じて、 ステロイド外用薬、抗ヒスタミン薬の内服 、外用薬(湿布・軟膏など)などを用いて治療が行われます。

 

症状から診断する場合はコチラ