体臭対策.com(ホーム)頭の臭い対策頭の臭いの基礎知識>皮膚が原因の場合(頭皮臭)


皮膚が原因の場合(頭皮臭)

頭皮には多くの皮脂腺があり、身体の中で最も脂っぽくなりやすい部位の一つとされています。洗髪時に、皮脂などの汚れが十分に落としきれていない、髪を十分に乾かさず寝る、などは雑菌の繁殖を招き、臭いを発生する原因となります。

 

改善方法

 

食生活を改善する

頭皮には食生活の乱れも関係しているとされています。
肉中心、刺激の強い香辛料を好む、野菜不足などによって皮脂が過剰な分泌をするために、頭皮が臭うということもあります。
魚介類や野菜中心の食生活を心がけるようにしましょう。

また、食生活だけでなく、ストレスや睡眠不足も皮脂の過剰分泌に関係する場合があるとされています。
てみる必要があるかもしれません。

 

洗髪方法を見直してみる

シャンプーは、界面活性剤などが多く含まれていない、刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

 洗髪方法

髪や頭皮をお湯で洗い流します。
このとき、お湯で洗い流せる汚れを洗い流すように、十分に洗っておく必要があります。
次にシャンプーをしますが、シャンプーはいきなり頭皮につけるのではなく、手にとってなるべく泡立ててから洗うようにします。
頭皮を指の腹で頭皮をマッサージするように洗い、頭皮から髪へと徐々に泡を移しながら、頭全体を洗うようにします。
すすぐ際には、泡がなくなるまで十分に優しくすすぎます。

リンスは製品によって使用法が異なりますが、基本的に、髪の表面をコーティングし、静電気を防止したり、指どおりをよくするためのものです。
そのため、頭皮には必要のないもので、逆に頭皮に塗りこんでしまうと、毛穴を詰まらせたり、臭いなどの原因となります。
シャンプーの後、髪に残っている水気を手でしっかり切ってから、リンス髪の傷みやすい場所につけるようにし、頭皮にはあまりつけないように意識しましょう。
すすぎが不完全であるとベタツキや臭いの元になりますので、十分にすすぐようにしましょう。

脂漏性皮膚炎によって頭皮が臭う場合は早めの処置が必要です。
皮膚科を受診して、対処しましょう。