体臭対策.com(ホーム)足の臭い対策足の臭いの基礎知識>心理的療法とは


心理的療法とは

緊張、興奮、不安、ストレスに伴う発汗や臭いを気にするあまり、絶えず不安に悩まされ、生活や対人関係に支障をきたしてしまう場合は、この神経症の治療である心理的療法を受けることをオススメします。

主な心理的療法

 

精神分析療法

この療法の特徴としては、汗やにおいなどの自覚的な症状よりも、本人が自覚していない無意識の衝動に注目する点が挙げられます。
現在の症状を、幼児期の体験や対人関係などの生活史と関連させながら連続性を持って考えます。

治療には「自由連想法」という方法がよく用いられます。
これは、患者がリラックスした状態で治療者と面談し、頭に思い浮かんだことを自由に話してもらう、というものです。
その時の態度、仕草、話の内容や感情などを分析して、患者に伝えます。
患者はそれに基づいて幼児期の体験やコンプレックスなど、過去の記憶を思い出して、現在の感情や症状との関係性について考えるというものです。
この方法は、患者の心の中に無意識に潜んでいるものを、カウンセラーなどと一緒に探していくもので、それまで気づかなかった本音の衝動や願望を探り、それが現在の症状に結びついていると気づかせる治療法といえます。

ロゴセラピー

「汗をかきたくないと思えば思うほど緊張して余計に汗をかいてしまう。
ならば、どのくらい汗をかけるのか試してみよう。」
このような逆説的な発想で緊張からの解放を目指すのが「ロゴセラピー」です。

ただし、執着性の強いタイプの人は、開き直りの発想自体がかえって汗や臭いなどの症状に意識を向けさせることになるため、逆効果となる場合もあります。

 

自律訓練法と系統的脱感作法

訓練によって自律神経のコントロール法を身につける治療法で、系統的脱感作法なども含まれます。
例えば、緊張すると手のひらに汗をかく、という人の場合、汗をかきそうになった時に緊張とは逆のリラックスした状態に自分を持っていくことによって、汗をかかないようにする、という方法です。
これは自律訓練法の練習で、弛緩反応がマスターできると可能になります。
自律訓練法も専門医やカウンセラーから練習法を学んで習得することで、自分でもコントロールすることができるようになります